質屋への売却デメリット?

質屋で物を売る上で、デメリットもあるのです。

質屋の活用法

質屋への売却デメリット?

質屋のメリットは大切な思い出の品であってもきちんと返済すればあとで品物が返却されるため、普通なら売ることができない物も一時的にお金に変えることができるということです。

しかしながら、その半面、お金を期日までに返済できなければ、たとえどんなに貴重な品であっても無情にも他人の手に渡ってしまいます。

たとえば「給料日までの間だけ、どうしても足りないのでお金が必要」などの理由で、近いうちに収入があることが保障されている場合には思い出の品であっても安心して質屋に持ち込んで良いと思いますが、「とにかくお金がないので必要」などの理由で、将来の収入があるかどうかもわからない状態では思い出の品などの貴重な物は持ち込まないほうがいいと思います。

また、消費者金融やカードローンの場合、利息さえ払っていれば、元本の返済は数年後になっても問題がありませんが、質屋の場合には数年単位でお金を貸し出すことはほとんど皆無と言え、早ければ1週間程度、長くても数週間から数カ月といったレベルです。

そのため、やはり収入のあてがないのであれば、思い出の品以外の物で何かお金に変えられるものがないかを探して、質屋へ持ちこむことをオススメします。

【 関連サイト 】
中古品

Copyright (C) www.chinaartificialflowers.com. All Rights Reserved.

質屋の活用法